WeChat Pay、Alipayが1日利用限度額500元を設定。WeChat Payは多額利用者への対応も

WeChat Pay、Alipayが1日利用限度額500元を設定。WeChat Payは多額利用者への対応も

2018年4月1日、スマートフォン決済サービス大手のWeChat Pay(微信支付)とAlipay(支付宝)が一日の決済額を500元に制限する施策を開始した。

この度の施策は中国の中央銀行が打ち出した制限によるものであり、一部のユーザーからは「スマホ決済による消費活動を管理されなくてはいけないのか?」と驚きと戸惑いの色を隠せていない。

WeChat Pay(微信支付)はすでに非常に迅速な対応を見せており、中央銀行との協議の結果、1日の使用額が500元を超えた場合に、二次認証を促すページを表示させることが決定した。二次認証を済ませることで500元以上の支払いをWeChat Payから行なうことができるようになる。

二次認証に用いられる中間ページは支払いを行うユーザーに対して、支払いの誤りがないかの確認を促し、ユーザーが誤った支払いではないことを、ボタンをタップすることで意思表示させる。この動作はWeChat Payのユーザーエクスペリエンスに影響するものではなく、利便性は損なわれるようなものではない。

製品戦力の観点からも、WeChat Payが中央銀行に打ち出した「中間ページ表示によるユーザーへの高額決済の意思確認策」は合法的であり、また安全性と利便性を保ったものである。

経営者の代金回収においても、消費者にとっての支払いの便利さにおいても、QRコード決済は疑いなく市場の大きな流れとなっている。しかし、インターネットの特性が強いスマホ決済は、多額決済の際には従来の金融業界におけるような厳格な原則にしたがっていく必要がある。しっかりとした管理の前提を元に、ユーザーエクスペリエンスの向上があり、将来、信頼できる支払い方式としての地位を獲得するであろう。

一方で、中央銀行が金融分野でのイノベーションを推進しておきながら、規制によるオリジナリティ溢れる改革の抑制も行っていることについて疑問の声も上がる。